婦人

うつ病の予防や早期発見のために病気についてチェックしよう

二つの違い

看護師

一般的に間違いやすいのが、うつ状態とうつ病についてです。この二つは似ているようでちがうのでしっかりとチェックしておきましょう。二つの違いをチェックしておくことで、適切な対処が可能になります。基本的にこの二つの違いは、「憂鬱になる病気」と「憂鬱な気分」です。とても似ていますが、うつ状態の場合は病気ではなく一過性の気分のことを言います。基本的に悲しんでいる時や、辛い時は憂鬱な気分になるでしょう。これは抑うつ状態と言い、誰にでも起こる反応で正常な反応と言えます。基本的に抑うつ状態になると身体を動かす気力もなくなり、興味や関心も失せてしまうでしょう。この症状だけをチェックするとうつ病とうつ状態は同じように感じてしまいますが、それ以外のところでは大きく違ってきます。一般的には症状の重さが違ってくるでしょう。うつ状態の場合は深く思いつめることは稀です。基本的に思い込む事があってもそこまで深く物思いに耽ることはありません。一瞬勘違いをして、誤解してしまったことを事実と思い込むことがあっても、指摘を受けることで誤解は解消します。一方、うつ病の場合は深く思い込むことが多いのでチェックしておきましょう。この場合、空想と現実を混同してしまい妄想状態に陥ります。妄想状態では妄想の方を現実よりも優先してしまうのです。行動や考え方に大きな影響を及ぼすようになります。被害妄想や自分を過小に評価することが多く、自分は罪深い人間だと思い込んでしまうのです。日常生活にも大きな影響を与えてしまい、自分一人ではうつ病の症状を改善させるのはとても難しいと言われています。この違いを理解しておくことが大切なのです。