婦人

うつ病の予防や早期発見のために病気についてチェックしよう

治療とは

ドクター

基本的にうつ病は精神科や心療内科で治療することができるのでチェックしておきましょう。また、この病気の治療についてしっかりとチェックしておくことが大切です。基本的に治療にはとても時間が掛かります。これは自立神経失調も同じです。基本的にうつ病の治療は3つの段階に分かれています。急性期と回復期、再発予防期です。この3つの段階を踏みながら治療していくのでチェックしておきましょう。自立神経失調の場合は心理療法や休養、マッサージや自律訓練法などで治療していきます。どちらにも言えることは再発率が高いことです。基本的には治療が終わった後もしっかりと対策が必要になります。うつ病の治療の場合、急性期では薬物治療と休養をとりながら症状を改善させていきますが、いくつか注意点があるのでチェックしておきましょう。基本的に薬物治療に用いられるのが抗うつ剤と睡眠薬です。抗うつ剤は効果がでるのに時間がかかります。また、効果が出る前に副作用が強く出てしまうことがあるのです。その為、効果が感じられないからと勝手に薬物治療を止めてしまう方がいますが、効果が出るまで根気よく続けましょう。急性期には身体や心の症状がある程度軽くなります。イライラや不安感が薄れてきたり、身体も動かせるようになるので日常生活でも簡単な家事などをこなすことができるようになってくるのです。回復期は回復と悪化を繰り返しながら少しずつ状態を安定させていきます。症状が回復したと思ったら、次の日には悪化してしまったりするのです。症状が回復したからといって治療を止めてしまうと最初の状態に逆戻りするので注意しましょう。また、体力や気力が回復してくるので、希死念慮が出た時には実行に移してしまう可能性が高いと言えます。周囲の方は患者の行動をチェックしておきましょう。再発予防期は、抗うつ剤の使用で再発を予防します。基本的に症状が回復してから1年から2年くらいは抗うつ剤を使用して再発予防を行いましょう。うつ病や自立神経失調は再発し易い病気です。体や心が元気になっても、ちょっとしたことで再発してしまう可能性があります。しっかりと再発予防に勤めましょう。